ミステリー怪人物ファイル

予言者や魔術師、超能力者たちなど、歴史の裏側で暗躍した人物たちを読んでいくブログです。すなわち、世界のミステリーを実在した人物から解きほぐしていきます。

世界の中において、超能力者は多々存在していても、お国から認められた超能力者も珍しいのではないだろうか。かつて、旧ソビエトは国家の元で一人の超能力者を育成していた。名はニーナ・クラギーナという。

ニーナ・クラギーナ(1926年~1990年)は、旧ソビエト連邦レニングラードで生まれた。結婚して子供を授かり暫くは、ごく平凡な毎日を過ごしていた。たいがい、超能力を持つ者は、「子供の頃から特殊な能力を持ち~」等と言われるが、ニーナはそんな能力とは無縁であった。そんなニーナが特殊な能力に気づいたのは、1964年、精神的な病気で入院してからの事だった。

彼女は入院中、看護師や患者の前で、刺繍糸が入っている袋から、中身を見ずに糸の色を当ててみせるという芸を披露して楽しんでいた。そんな彼女の能力に注目したのは、レニングラード大学のワシリエフ教授であった。しかし、ワシリエフ教授はニーナの研究に取り掛かるとすぐに亡くなってしまったので、ニーナの研究はセルゲーエフ博士へと引き継がれた。ニーナの能力を調べる為に数々の実験が行われた。例えば、蛙の心臓を止めてみせたり、目隠しをして字を読んだり、手を触れる事なく物を動かせてみたり、彼女が見せた実験結果は驚くものばかりであった。

しかし、ニーナが実験等で超能力を発する時の労力は相当辛いものであった。なぜなら実験中は血圧が上昇し、脊髄には激痛が走ったという。また実験を終えると、彼女の体重は減り、暫くは頭痛と不整脈に苦しめられるという過酷なものであった。

それでもニーナは科学の発展の為ならと、苦痛を耐え忍び、実験に協力していた。その背景には、旧ソビエトでは国をあげて超能力を軍事利用の為に研究していた(といわれる)事情があったのではないだろうか。





  • 近現代史ミステリーのコーナー【目次】
  • 未解決事件ファイル「目次」
  • 怖い話「目次」
  • 恐怖スポット・伝承スポット「目次」
  • 都市伝説「目次」
  • おすすめミステリー・面白いサスペンス
  • 伝承・歴史・民俗学のミステリー【目次】
  • 超能力者【目次】

  • 宣伝

    このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

    記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

    グルメ

    こちらはとん彩や福島店のご案内です

    とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵
  • ルイ14世がフランスを統治していた当時とは、ベルサイユ宮殿において日々舞踏会が開かれるという煌びやかな時代であった。しかし華やかな社交舞台の裏においては、常に醜い争いや陰謀で渦巻く、そんな時代でもあった。

    ブランビリエ公爵夫人もその中の一人であり、彼女は金という魔物にとりつかれ、華やかな貴族社会から離脱させられた者の一人である。

    ブランビリエ侯爵夫人ことマリー・マルグリット・ドーブレ(1630年~1676年)パリの高級司法官である父親を持つ裕福な家庭で育ったが、父親の職業柄、子供の教育には厳格であった。マリーは恵まれた美貌を持っていたが、少女の頃から色情狂いがあり、実の弟たちとも肉体関係があったという。

    そして21歳で名門ブランビリエ侯爵家に嫁いだ。しかし夫のブランビリエ侯爵は博打・女遊びをしてばかりで、ろくにマリーの相手もせず、その上、元々色情魔であったマリーも男遊びに拍車がかかってしまい、ゴーダンという将校と不倫の関係を持つようになった。社交界でも、マリーとゴーダンとの関係が噂になっていたが、そんな間も夫のブランビリエ侯爵は変わらずフラフラ遊び歩いていた。

    社交界での娘の噂は父親の耳にも入り、娘の不貞を知ったマリーの父親は激怒し、ゴーダンを投獄させた。刑務所に入れられたゴーダンは仲間から色々な悪事を学んでいた。それが毒薬の調合であった。

    マリーは煩い父親がいなくなれば、もっと自由に行動出来るし、財産も手に入るのに、と思った。そこでゴーダンが刑務所で学んだ毒薬で殺害するという計画を考え始めた。まずマリーは慈善病院の患者で人体実験をする事にした。患者を見舞うふりをして、見舞い品のお菓子やお茶の中に少量の毒を入れていた。少しずつ毒を盛っていれば、死後解剖されても証拠が残らない、そう彼女は考えた。そしてついに父親の毒殺を決行した。その後も父親だけでなく、財産を独り占めしたいが為に、自分の弟も毒殺した。またゴーダンだけでなく複数もの愛人を作り遊んでいたので、夫の存在も邪魔になり、毒殺を何度も試みるのであった。しかし、毒薬を調合中に誤って毒を吸い込んでしまったゴーダンが亡くなった事がきっかけとなり、マリーはついに逮捕された。ゴーダンは自分に何か起きた時の事を考えてか、自宅に、マリーが今まで企てた殺人計画書と実際に毒殺に使用した毒薬を持っていたのだった。これがマリー逮捕の決め手となったのだ。

    逮捕されたマリーは1676年、群集が集まる広場にて斬首の刑になり、その後すぐに遺体は焼却されるという、悲惨な最期で幕は閉じるのだった。ちなみに当時、遺体を焼却するのは死者に対する冒涜だと考えられていた。。




    ブランビリエ


    死刑を宣告されたマリー。かつての美貌は見られない。





  • 近現代史ミステリーのコーナー【目次】
  • 未解決事件ファイル「目次」
  • 怖い話「目次」
  • 恐怖スポット・伝承スポット「目次」
  • 都市伝説「目次」
  • おすすめミステリー・面白いサスペンス
  • 伝承・歴史・民俗学のミステリー【目次】
  • 超能力者【目次】

  • 宣伝

    このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

    記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

    グルメ

    こちらはとん彩や福島店のご案内です

    とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵
  • 「賢者の石」と聞けば、J・Kローリングの小説「ハリーポッターと賢者の石」が真っ先に浮かんだ私であるが、「賢者の石」とは、中世ヨーロッパの錬金術師が卑金属(鉄、銅、鉛など)を金に変える術や、人間を不老不死にできるミラクルな物質の事をいう。その「賢者の石」を作る事に成功し、「錬金術の巨匠」と称えられていたのが、ニコラ・フラメルである。

    ニコラ・フラメル(1330年~1418年)はフランス・パリにあるボントワーズという町で生まれた。仕事は本を作り、販売もする出版業をしていた。ある夜、彼は天使から不思議な書物を渡されそうになる夢を見た。暫く経って、旅人が「古書を買って欲しい」とフラメルの元を訪ねてきた。その煌びやかな豪華に施された古書は、フラメルが夢で見た書物と同じだったという。それが「アブラハムの書」であった。

    旅人から買い取った「アブラハムの書」はギリシャ語とヘブライ語で書かれており、フラメルは錬金術の本だと、すぐに分かった。しかし、この書には不思議な愚意画が描かれており、20年の月日が流れても読解できない位、難解なものであった。

    その頃、夫フラメルを支えていたのが、妻のペレネルであった。ペレネルはフラメルに、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラへ巡礼の旅に出る事を勧めた。そうしてフラメルは妻の勧め通り、スペインを訪れた。そこでユダヤ人のカンシェ師と出会い、ようやく「アブラハム書」の謎を解けるようになった。しかし、もう少しで全ての謎が解ける、という所でカンシェは亡くなってしまった。

    カンシェの死後、フラメルは研究をし続け、とうとう「賢者の石」を作り出す事に成功、黄金変成の実験を行い、水銀を黄金に変化させる事に成功した。

    フラメルがスペインから帰国した後、黄金変成の実験で得た富は、慈善事業や教会や病院などに寄付を行っていた。近年、フラメルの実在についても疑問視された事があったが、このような寄付の記録が残っていたのが証拠となり、彼の存在は明らかなものとなった。また、「賢者の石」を作り出す事に成功したフラメルは不老不死の体を手に入れた、との話も残されている。



    フラメル


  • 近現代史ミステリーのコーナー【目次】
  • 未解決事件ファイル「目次」
  • 怖い話「目次」
  • 恐怖スポット・伝承スポット「目次」
  • 都市伝説「目次」
  • おすすめミステリー・面白いサスペンス
  • 伝承・歴史・民俗学のミステリー【目次】
  • 超能力者【目次】

  • 宣伝

    このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

    記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

    グルメ

    こちらはとん彩や福島店のご案内です

    とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵
  • 五つ星殺人事件★★★☆★

    原作:イマム室長

    画:遠藤しんぢ

    本格グルメミステリー

    ぐるめでか


    このページのトップヘ